人前に出るのは嫌いです。

人前に出るのは嫌いです。

私の友人の一人があがり症です。
彼女は人前に出るとカーッと顔が真っ赤になりました。
その為に【顔面赤面症】と言うあだ名で呼ばれる羽目になりました。

 

彼女を【顔面赤面症】等と呼んでいた私も、極度のあがり症です。
ただ私は見た目に変化はないの気づかれなかったのでしょう。

 

では私はどうなるのか?
私はどういうわけかあがると行動が早くなります
テキパキと動くと言った方がいいかも知れません。
それはなぜか?
その場から早く逃げ出したい一心です。

 

私と【顔面赤面症】は同じ部活動に所属していて、年に数回部活動に発表会がありました。
大勢の人の前に出るわけです。
もちろん一人ではありませんし、部員全員が発表するのです。

 

きっと皆緊張していた事と思いますが、【顔面赤面症】はステージにあがる前から顔を赤く染め、私は兎に角動いていないと死んでしまうのではないだろうかと思われるほど、後輩の世話をしたり、他の部活動の人の手伝いをしたりしていました。

 

『ありがとう。お蔭で円滑に進行して時間があまったよ!』等と実行委員会の人からお礼を言われるのですが、実は自分自身では全く記憶にないのです。
極度の緊張のせいで自分の出番もうまくいったのか全く記憶にないのです。

 

そんな私がその部活動でやっていた楽器の講師として20人程度の人の前で教えなければならない仕事に就きました
もうあがってしまい毎回何を言っているのか自分でも分からないし、間違った事を教えてしまうし…散々でした。
それでも周囲の人に私がそんなにあがっていることに気づきません。

 

【顔面赤面症】のように見るからにあがっていると分かるのがいいのか、私のように全くあがってないと思われるのがいいのか。
あがらない方法があれば教えて貰いたいものです。


inserted by FC2 system